HOME > 塾生/ご家族の声 > 番町塾では大学入試とは知識の量や計算力を測るものではなく「論理的思考力」を測るものだということを教えられます
塾生/ご家族の声
九州大学 法学部 現役合格

番町塾では大学入試とは知識の量や計算力を測るものではなく「論理的思考力」を測るものだということを教えられます

NEW
2019年3月15日 R.M.君

正しい勉強の仕方、考え方を習得させてくれる塾、それが番町塾です。
私は高校入学時から3年間番町塾でお世話になりました。入塾当初、入試とは必死で暗記したものを吐き出す場であると考えていました。しかしこの考え方は番町塾で学ぶ中で大きく変わることとなりました。

番町塾では大学入試とは知識の量や計算力を測るものではなく「論理的思考力」を測るものだということを教えられます。このことを受けて勉強の仕方を変えるのが理想的ですが、私は暗記数学をすれば学校のテストでは高得点を取れることもあり勉強の仕方を変えないまま3年生になりました。そのため3年次から本格的に始まった文系単独のクラスにおいて実際の入試問題がほとんど解けないという壁にぶつかりました。それ故に私は文系担当の先生から「数学は本当に暗記じゃないんだ。」「型を見ろ。」「必要かつ十分をちゃんと考えているか。」「自分で場合分けができなきゃだめじゃないか。」ということを何度も言われました。そして先生の厳しい指導の下、少しずつ勉強の仕方を変えることができました。その結果、傾向が大きく変わった今年の九州大学においても多く正答することができました。

番町塾の先生方は勉強のことに関しては厳しいことを言うことがあります。しかしそこで折れずに先生方のアドバイスに従い受験まで頑張り抜いてください。数学が元々苦手だった私も応援しています。
最後になりましたがお世話になった先生方本当にありがとうございました。